医用システム
ホーム > 医用システム > [簡易版シリーズ]簡易版 医用システム 無料ダウンロード

簡易版 医用システム 無料ダウンロード

医療現場で長らく使用されているソフトウェアの簡易版を無償提供

ドクターや技師さんの手間を少しでも軽減して、
ミスややり直しを防ぐ一助になれば


多くの医療現場で活躍するサイスのソフトウェアの簡易版を、無料でダウンロードしてお使いいだけるサービスです。ご購入前の体験版としてのご利用はもちろん、使用期限がありませんので、簡易版の範囲以上の機能を求めない方は、無料でそのままご使用いただくこともできます。

サイスが長年あたため、洗練させてきたソフトウェアを、簡易版とはいえ無償でご提供するには、やはり勇気がいりました。しかし多忙な上に失敗の許されない医療現場を近くでみせていただくにつれ、ドクターや技師さんの手間を少しでも軽減して、ミスややり直しを防ぐ一助になれば。そんな想いで、ドクターや技師さんが決済を仰ぐとこなく独断で使用できるフリーウェアをご提供するに至りました。

より多くのドクターや検査技師さんにご使用いただき、フィードバックをいただくことで、もっと使いやすく、かゆいところに手のとどく医用システムづくりをめざしていきたいと考えています。お叱りの声、ご要望、なんでも結構ですので、ダウンロードしてご利用いただき、ご感想をお寄せいただければ幸いです。


検査技師さんに言われた「これを待っていたんだ!」という言葉

サイスが医用システムをはじめて手がけたのは、AIDS感染予防のための自動検体搬送システムでした。工場でのロボット制御のノウハウをそのまま活かし、ハードウェアのデザインから制御ソフトの開発まで自分たちで行いました。

これをきっかけに病院に出入りするようになり「ここを、もっとこうすれば、便利なんじゃないの?」と思うような場面に数多く出会ったのです。例えば、病院には数多くの検査装置、分析装置がありますが、それらはほとんどが専用機。ネットワークで繋いで、データベースに情報を送ることもできない仕組みでした。それでも直付けのプリンタからは、結果が出力されています。

そこで、「ちょっと、いじってみましょうか」と言って、データのコンバータを設計し、ファイル交換のシステムを作ったら、すごく喜ばれました。これらを基に製品化したものが「データコンバータ(*1)」と「Data Sheet」です。

また、当時は試験管を1本ずつセットしなければならない分析装置がほとんどだったのが、試験管のラックをそのままセットすれば良いように改良したら手間が省けるだろうということで、そのための搬送装置を開発し、分析装置のメーカに「こんなのどぉ?」と持って行きました。

そうしたところ、分析装置メーカの営業さんからその装置貸してもらえませんか?と話があり、病院で検査技師さんから「これを待っていたんだ!」というお言葉を頂いたということもありました。こうした言葉は何度きいても嬉しいもの。今でも大きな励みになっています。

私たちは「お客様から頼まれたとおりの開発」はやりません。お客様の要望を満たした上で、ほんのちょっとでも自分達のアイデアを盛り込みます。「ここは、このほうが面白い。絶対、お客様が喜ぶはず」と考えながら。
私たちは、技術屋ですから、それが面白くて、喜ばれるからやっているんです。言われた通りに作るのでは楽しくはないですよね。

そうであるからこそOnly Oneのものができ、利益にも繋がると考えているのです。 ですから、私たちが今まで手がけてきたのは「何とかしたいけど、どこに頼めばいいのか分からない」という開発がほとんどで、毎回が新たなチャレンジでした。

*1.データコンバータ
例えばプリンター用のRS-232C出力があれば、そこからデータを取り出して加工し、通常のファイルや検査システム、電子カルテで読み取れる形式に変換して出力することができます。


「医療現場の方々と一緒に開発してきた」それがサイスの誇り

「現場で必要とされる機能を素早く実現し、成長していくシステム」

これがサイスの検査システムの特徴です。

現在では、情報システムが発達していることもあり、どこかのメーカがある機能を持ったシステムをつくれば、他のメーカもすぐに同様の機能を備えたシステムを開発してきますから、機能面での特徴というのは少なくなっていくでしょう。

ただ、サイスの検査システムには、次のような歴史があります。

サイスの検査システムは、血液検査 Hematorogyのシステムから出発しています。検査技師の方から「血算など、人が顕微鏡を使って赤血球や白血球の型をカウントしますから、1回で終りということはなく何回かカウントして、そこから精度の高い数値を求める」というお話をうかがったことから、全ての結果データを残し、更に報告値もデータとして残すという仕様が基本となっています。

当時、そのようなことは、当たり前のことと思っていました。しかし、生化学検査用の検査システムを開発した時に、他社の検査システムは、結果データは1つだけで再検査をした時点で上書きされる、というものが多いということが分かりました。

サイスの検査システムは、全ての検査結果を残した上で報告値を決めることができるということで、1歩先んじていたのです。これは、血液検査という分野から手をつけることができたという幸運と現場の声を大切にしてきた結果だと思い、誇りに思っています。

いつも、正解は医療現場にあります。

私たちにこうした「気づき」を与えてくれるのは、実際に医療の現場で働く方々だけです。このことからも、簡易版ソフトをまずは使って頂き、より多くのお声をいただくことこそ、お金にかえられない財産になると考えています。


[簡易版 第1弾]マルクカウンター

簡易版ソフト無料ダウンロードの第1弾は、PCをマルクカウンターとして使用できる、「マルクカウンター」です。

詳しいソフトウェア情報はこちらからご確認ください。
詳しいソフトウェア情報 簡易版 マルクカウンター

簡易版マルクカウンターのダウンロード

簡易版ソフトのご利用は、医療関係者の方に限ります。

※ユーザー登録が必須となります。
※簡易版ソフトの使用方法に関するお問い合わせは、
 ユーザ専用ページに記載のお問い合わせ先までメール又はFAXにてお願い致します。
 電話では受け付けておりませんので、ご了解願います。

[簡易版 第2弾]末梢血カウンター

簡易版ソフト無料ダウンロードの第2弾は、PCを末梢血カウンターとして使用できる、「末梢血カウンター」です。

詳しいソフトウェア情報はこちらからご確認ください。
詳しいソフトウェア情報 簡易版 末梢血カウンター

簡易版末梢血カウンターのダウンロード

簡易版ソフトのご利用は、医療関係者の方に限ります。

※ユーザー登録が必須となります。
※簡易版ソフトの使用方法に関するお問い合わせは、
 ユーザ専用ページに記載のお問い合わせ先までメール又はFAXにてお願い致します。
 電話では受け付けておりませんので、ご了解願います。

今後のリリース予定
無料提供のための簡易版ソフトウェアを、順次ご提供させていただく予定です。
ご興味をお持ちの方は、ユーザー登録をしていただければ、メールでご連絡させていただきます。

簡易版ソフトのヘルプとお知らせ
簡易版ソフトのヘルプやバージョン情報は下記からご覧いただけます。
簡易版ソフトのヘルプやバージョン情報 https://www.saice.co.jp/user/      ※ユーザー登録が必要です。


製品版ソフトのご購入はこちら

このページのトップへ